髪質改善ってなんですか?トリートメントとの違いは?

ひとことに髪質改善といっても美容室によって内容は全然違うのですが、イメージとしては【一般的なトリートメント=見た目や手触りをよくする】に対して、【髪質改善=髪の悩みの元になっている原因を解消し、根本的な対処をする】ということです。


トリートメントで髪が傷むってホント?

これは美容師の間では新たな常識となりつつあります。
しかし、だからと言って「トリートメント=悪いもの」ではありません。


速効性があるので、今すぐに髪を綺麗な状態に見せたいという方には効果的です。


しかし、ダメージに対する悩みを解消したいと考え、毎回のようにトリートメントをしているのに、髪がキレイになっている実感が得られないのであれば、もっと根本的な対処が必要ということです。

魔法のような言葉には要注意

たまに「傷まないヘアカラー、パーマ、縮毛矯正」と売り出しいるメニューを見かけますが、薬剤を使う以上ダメージを全くさせないということは残念ながらありえません。


そういった謳い文句で紹介されている薬剤でも、メーカーに問い合せると「ダメージが0」とは絶対に言いません。


美容に限ったことではありませんが、今はSNSなどで過度な情報が一人歩きしてしまうことが多いので惑わされないように注意することが必要です。

レーヴで髪質改善をするとどうなるの?

まずはしっかりとカウンセリングと毛髪診断をさせて頂き、あなたのお悩みの原因がどこにあるのかを見つけます。


髪に悩みを抱えてご来店されるお客さまの多くが、やりすぎた施術(カラー、パーマ、ストレートなど)やカットで切りすぎたり、梳きすぎたりしてしまっているケースが多いです。


また、髪の毛は生えている場所によっても髪質が違うため(一般的に顔まわりや頭頂部の髪は弱い)それを考慮せずに薬剤を使用すると、ダメージを引き起こす原因となってしまうことがあります。他の部分と比べてや顔まわりの毛先が特に傷んでいるように感じる方は要注意。


クセやダメージ、年齢に伴う髪質の変化などに対して適切なアプローチをすることで、髪の状態は確実に良くなっていきます。


髪のダメージやまとまりが改善されれば朝のお手入れ時間の短縮にもなりますし、ブローやアイロンを使わなくても十分にキレイな状態になります。


現在の状態によって髪質の改善にかかる期間は変わりますのでぜひ一度お問い合わせください。