今までのサロンでは半年に一回、全体に縮毛矯正をかけていました。でも毎回毛先まで縮毛矯正をかけるのは良くないという話も聞きます。実際、毎回トリートメントをしているのに毛先はボロボロです。ストレートをしてしばらくはキレイなのですが、、、

 

こちらは先日ご来店されたお客様からのご質問です。

似たようなご質問は多く、美容室(美容師)によっても色々な意見があるようですね。

 

もちろん髪の状態によっても違いますが、レーヴの考え方をご紹介させて頂きます。

 

おすすめは毎回リタッチのみ

縮毛矯正を定期的にしていく場合

  • 毎回毛先までする
  • 数回に一度毛先まで
  • 毎回伸びきた部分(リタッチ)のみ

この3つのパターンに分けられるのですが、来店されるお客様に聞いてみるとちょうど均等にわかれるイメージです。

 

レーヴに初めて来店されたお客様に対しては、いまの髪の状態を見させて頂いた上で「全体的にかけるべきか」「根元だけにするべきか」を判断させて頂きます。

 

そして、基本的に2回目以降の縮毛矯正では、根元の新しくクセが伸びてきた部分だけをストレートにしてそれ以外の部分は「薬剤からの保護と栄養補給」のみをさせていただくことが多いです。

 

全体にストレートをすればキレイになる⇒「でもダメージしてしまう」は当たり前

薬剤を使う以上、それがどんなものであっても髪はダメージします。

ストレートの場合はコーティング成分,コンディショニング成分などが多めに入っていたり、そのほかの工程も含めて手触りを良くすることもできますが、ある程度の期間がたちコーティングがとれてくるとダメージした髪の素の状態がでてきます。

 

美容室で取り扱う薬剤の中でもブリーチと並んで強力でダメージのリスクがあるのが縮毛矯正です。

 

ほんの少しの期間をキレイに見せるために、全体の縮毛矯正を毎回するよりも

きっちりとしたストレートを伸びた部分にだけかけていく方が長い目で見た場合、必ず扱いやすくキレイな髪へとなります。

 

自分がいつもどうしているかわからないは要注意

ご自身がいつも「リタッチだけ」なのか「全体にしている」のかわからない方は、次に美容室にいくときには担当の美容師さんと相談してみてください。

 

もしかすると不必要に全体にストレートをしていることもあるかもしれません。

ぜひご参考にしてみてください♪